レビュー

【定額制コンタクト】dicon(ダイコン)がおススメ【月1900円】

コンタクトレンズ

こんにちはジョージです。今回は1dayコンタクトレンズの定額制サービスについて紹介したいと思います。

私は10年以上コンタクトレンズを利用しているのですがネットで決まったコンタクトレンズを3ヶ月分くらいをまとめて購入し、なくなったらまた購入し利用していました。

ネットで購入している方ならわかると思いますが、残りの個数が少なくなって慌てて購入した経験があると思います。

このdaiconの定額制コンタクトレンズサービスは毎月1ヶ月分を郵送してくれるので慌てて購入する必要もなくなりますし、月1900円なのでお財布にも優しいです。

定額制コンタクトdaiconをおススメする理由

おススメする理由

購入する手間が省けるのは嬉しいですが何よりも月1900円という安さはとても魅力的です。

私がdaiconのコンタクトレンズを使う前につけていたのが1ヶ月分4000円でしたので月々にかかる費用が半分になりました。月2000円程浮いたのですが何年、何十年と使いつづけると結構な金額になりますよね。

金額が安いのでつけてみるまでは若干不安もありましたが、初めてつけたときも何の違和感もありませんでした。

私が利用しているのは1dayアンジョルノワンデークリアUVモイストというコンタクトなのですがSPECは以下になります。

度数 -0.75~-6.00(0.25step),
-6.50~-10.00(0.50step)
使用期限 1day
枚数 1箱30枚入
DIA(レンズ直径) 14.2mm
BC(ベースカーブ) 8.7mm
含水率 55%
紫外線吸収率 UV-A波:吸収率 80%以上 UV-B波:吸収率 95%以上
保湿成分 MPCポリマー
酸素透過係数 19.7×10-11(cm2/sec)・(mLO2/(mL×mmHg))

引用:dicon公式サイト

安さの理由は?

公式サイトによると以下の3点が安さの理由として挙げられています。

  • 自社開発し消費者に直接届けるから安い
  • 実店舗を持たないネット販売なのでコストを抑えられる
  • 派手な広告をうたないのでその分価格に反映できる

通常はメーカーから店舗に卸し、その後消費者に販売されるのが一般的ですが、daiconの場合自社開発し直接消費者に届けるので間の業者を介さない分安くなります。

また実店舗を持たない分、家賃や人件費を抑えることができるのでその分価格に反映できているのでしょう。

最後の派手な広告を打たないというのはコンタクトレンズのCMって有名人を起用しているケースが多いですよね?女優さんや俳優さんはギャラが何千万~億って聞きますしね。

CMに限らず広告はネットを中心にするなど戦略があるのでしょう。

dicon公式サイトはこちら➡定額制コンタクトレンズ

おススメする理由part2

ダイコンコンタクトレンズ

daiconをおススメする理由としては安さ、定期便なので便利ということ以外にも以下のような点があります。

  • 年間5回まではスキップできる

これはコンタクトとメガネを併用する場合などは1ヶ月分を使い終わる前にまた翌月分が届くので、だんだんと余りが出てきてしまいます。こういった場合はスキップをすることで余りの調整をすることができます。

  • レンズの破損や不調時は新品と交換できる

7割以上のコンタクトが未使用で商品到着から20日以内であれば月に1回無料で交換ができます。

  • レンズの度数変更、カラー・デザインが毎月変更可能

定期お届け日の10日までは変更が可能です。

  • 全国送料無料(ネコポス便のみ)

毎月届く定期便はネコポス便でポストに投函されるので受取りの立ち合い必要ありません。

コンタクト定期便

デメリットは?

デメリット

安くてつけ心地も良く毎月ポストに投函されるので楽チンといいことばかりのようですがデメリットもあります。

  • 自社製品しか取り扱いがない

他社メーカーの取り扱いがないのでカラーコンタクトレンズなどのこだわりが強い人はストレスを感じるかもしれません。種類は少ないですがdaiconでもカラーコンタクトレンズの取り扱いもあります。

  • 乱視用レンズの取り扱いがない

普段乱視用レンズを利用している人は注意が必要です。

  • 初年度は年会費が必要

定期便を申し込んだ初年度は年会費として月額料金とは別に3000円が必要です。ただ+3000円を加味してもとても安いと思います。

まとめ

今回は定額制コンタクトレンズサービスのdaiconについて記事を書きましたが、私は今後もずっと使い続けていく予定です。初めてつけた時から本当に違和感なく使い続けています。

繰り返しになりますが一番良いと感じてる点は安さです。

最近はICL(眼内コンタクトレンズ)などもあり気になるところですが金額が高額な点がネックです。

一生使い続けることができるのであればコスパはいいのかもしれませんが、目がかゆい時にゴリゴリかいて大丈夫なのかどうかとかレンズが劣化することはないのか、など金額以外にも気になることもありしばらくは様子見にしようと思っています。

最後になりますが、daiconについて気になった方は初回の方限定のお試しプライスがありさらに安く購入することができるので1ヶ月お試ししてみるのをおススメします。

-レビュー
-