副業・仕事

【35歳転職限界説】30代の転職について考えてみる【平均年収】

ビル群

こんにちはジョージです。私は今年34歳になるのですが漠然と転職について考えています。

よく35歳は転職活動をする上で一つのボーダーラインになると言われているので来年35歳になる私としてはどうしても意識してしまいます。

30代半ばになると責任のある仕事も任せてもらえるようになり、部下の育成など仕事にやりがいを感じることも多くなります。

しかし、今の会社に不満はなくても漠然とこの会社で一生働くのか、もっと条件のいい会社に転職した方が良いのではないかと思ってしまうのも事実です。

20代の頃は転職はキャリアアップの為だと前向きに捉え積極的に行動ができましたが、今は年齢を考えると慎重になってしまいます。

特にコロナの影響で採用に対して消極的になっている企業も多いと思うのでより慎重になっていしまいます。

コロナの影響で転職市場に起きた変化や同年代に平均年収について調べ、今後転職するかの決める為の材料にしたいと思います。

35歳転職限界説は本当なのか

転職

35歳転職限界説という言葉がありますが35歳を節目に転職を考える人も多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人ですが、この言葉が本当ならば転職について真剣に考えなければなりません。

そこで転職エージェントのDODAのデータをもとに転職に成功している人の年齢、コロナの影響で転職市場にどのような変化があったか見ていきたいと思います。

転職成功者の平均年齢

2020年の転職成功者の平均年齢は以下のようになっています。

  全体 男性 女性
平均年齢 32歳 32.9歳 30.1歳

全体の平均年齢は32歳、男性女性共に30歳オーバーの平均年齢となっています。

この数字は調査を開始した2008年以降で最も高い年齢だそうです。

コロナ禍前の2019年の転職成功者の年齢と2020年の転職成功者の比較すると

転職者の平均年齢

引用:DODA

グラフを見るとわかりますが、転職成功者の年齢で30歳以下の割合が減り、30歳以上の割合が増えています。

20代だと即戦力でなくても長い目で見て育てれば良いという考えで採用する企業も多いと思いますが、

コロナの影響により未経験者を雇う余裕がなくなり、より経験が豊富な30代の採用が増えたと思われます。

現在30歳以上の人にとっては嬉しいデータではないでしょうか。

35歳以上の転職成功者も全体の3割近くあるので、35歳転職限界説は気にしないで良いという結果でもあります。

ちなみにですが、35歳を超えて転職している人の職種で一番多いのは技術系(IT・通信系)です。

やはりエンジニアなどは人手不足もあり、技術、経験がしっかりしている人は年齢に関係なく転職に強いと考えられます。

世代別の平均年収は

お金

転職を考える理由として年収は大きな要因だと思います。

20代だと友達などと比較して年収の差はそれほど大きくならないと思いますが、30代になると年収の開きが目立つようになってきます。

各年代の平均年収を見てみると以下のようになっています。

  20代 30代 40代 50代以上
全体 348万円 444万円 510万円 613万円
男性 371万円 484万円 573万円 661万円
女性 321万円 377万円 403万円 431万円

30代の平均年収を年齢別に見てみると

  30歳 31歳 32歳 33歳 34歳
全体 414万円 421万円 428万円 439万円 448万円
男性 446万円 453万円 463万円 477万円 488万円
女性 365万円 366万円 369万円 372万円 380万円
  35歳 36歳 37歳 38歳 39歳
全体 459万円 468万円 475万円 474万円 485万円
男性 501万円 513万円 522万円 522万円 536万円
女性 383万円 391万円 392万円 390万円 394万円

参考:DODA

私は来年35歳になります。35歳といったら働き盛りですがこのデータを見ると35歳以降の伸びが少し寂しいなと感じます。

1年でだいだい10万円くらい年収が増えて行っていますが、月々に1万円前後なので物足りないように感じます。

先輩や上司と給料の話をできる会社であればある程度今後の自分の給料は想像がつくかと思いますが、みなさんは平均と比較していかがでしょうか。

お金の為の働くわけではないですが、給料は大きなモチベーションになるので平均と比較してあまりにも低いという場合は転職を検討しても良いと思います。

まとめ

DODAの情報を元に転職成功者の年齢、平均年収について書いてきました。

35歳転職限界説にも触れましたが、35歳以降になっても転職はでき、むしろコロナの影響で即戦力採用を求めている企業が増えていることもあり、年齢はあまり気にしすぎないでも良いのかなと思います。

もちろん同じ経験値なら年齢が若い方が有利になるとは思いますが。

平均年収について私は平均よりはもらっていることが分かり一安心ですが、自分の理想の年収とはギャップがあるので転職は引き続き検討していきます。

自分の市場価値を知るためにも転職サイトに登録しておくと良いと聞くので転職サイトの登録をして一度面接をしてみようと思います。

自分への年収提示が今の年収より多かった場合、給料アップの交渉材料にもなると思いますので。

-副業・仕事