健康・暮らし

意外と楽に続けられるリーンゲインズダイエット

ダイエット

こんにちはジョージです。私は子供の頃小太り少年でした。その後ダイエットをして痩せても太りやすい体質をなかなか変えることができず30歳を超えた現在も定期的にダイエットをしています。

現在は普通体型ですが、普段の生活から太らないように意識して取り入れていることがいくつかあります。

以前の記事でも書いたのですが ➡ 「30過ぎると太りやすくなる」 その中でもリーンゲインズダイエットは実践してみて効果を感じていますので今回はリーンゲインズダイエットについて紹介していきたいと思います。

リーンゲインズダイエットとは

リーンゲインズダイエットとは

リーンゲインズダイエットとは簡単に言うとプチ断食です。

1日のうち食事をしていいのは8時間でその他の16時間は食事をしないというやり方です。

ちなみに女性の場合は16時間を12時間~14時間に設定した方が良いようです。

断食と聞くと空腹で辛そうに聞こえますが実践してみると意外と楽に続けることができます。

食事をしない16時間には睡眠時間も含みますので8時間睡眠をとっている人なら睡眠の前後で合わせて8時間食事をしなければいいだけです。

私の場合は昼の12時から20時の間は食事OKでその他の時間は食事をしないようにしています。朝食をとらない人でしたらすぐに実践できるのではないでしょうか。

朝食はしっかりとりたいタイプの人ですと朝7時に食事をする場合、

食事をしていいのは15時までになりますので夜ご飯を抜かなければならず空腹で眠れないなどの支障も出てくるかと思いますので朝食を抜いて昼、夜に食べるという方が続けられるかと個人的には思います。

リーンゲインズダイエットはなぜ痩せるのか

痩せる理由として空腹時間を長くすることによって、その間体が脂肪燃焼をするからと言われています。

人間は糖質をエネルギー源として活動していますが空腹によりエネルギー源が脂肪へ変わることで脂肪が燃焼されて結果的に痩せるようです。

本当に脂肪が燃焼されているかはわかりませんが、私の場合ですとこのリーンゲインズダイエットを取り入れることで1日の総摂取カロリーが減ったと思います。

1日の総摂取カロリーはだいたい1500キロカロリーくらいで落ち着いていると思いますが、

これくらいの摂取カロリーですと私の場合、基礎代謝と同じくらいですので運動などでカロリー消費しなくても体重はキープできると理論上はなります。

食事をしていい8時間の間では何回でも食事をしていいのですが、

サラリーマンとして仕事をしていますので昼食を2回とるわけにもいかず、また昼食を取りすぎるとその後めちゃくちゃ眠くなるので特に炭水化物は取りすぎないようにしています。

私の場合空腹状態で炭水化物を取りすぎると血糖値が爆上がりするせいか気絶するくらい眠くなります。笑

メリット・デメリット

メリットデメリット

まず一番のメリットは痩せられることです。その他のメリットとしては大きいのは老化を防ぐ効果があると言われています。

老化を防げる理由ですが、それはオートファジー効果が働くからと言われています。

オートファジー効果とは聞きなれない言葉ですが、簡単に説明すると老廃物を自浄作用できれいにしてくれるということです。

30代になると老化についても考え時始める年齢だと思いますのでこれはありがたい効果ではないでしょうか。

次にデメリットですが、私の場合これといったデメリットは感じたことはありません。

強いて言えば朝食を抜くとことに慣れないうちは少し辛いかなといったことくらいかと思います。

ただすぐに慣れましたし空腹時の方が頭が冴えて仕事にも集中できるようになりました。

しかし女性の場合は注意も必要で生理周期の乱れに繋がったなどの報告をネットで見かけるのでご自身の身体と相談しながら少しずつ試してみる方が良いのではないでしょうか。

まとめ:とりあえずやってみては

おすすめ

リーンゲインズダイエットは特に準備も必要なく手軽に始められますので興味があったらとりあえずやってみることをお勧めします。

リーンゲインズダイエットは食事をする時間を制限することですが、注意をしないといけないのは時間を制限するだけでなく食事制限も必要だと思います。

普段食事で1500キロカロリーを摂取している人が食事をする時間を制限しただけで2500キロカロリーを摂取したのならおそらく太ってしまうでしょう。

私も始めたての頃は空腹の反動から爆食いしたくなる衝動に駆られることもありましたがここはグッと我慢した方が良いでしょう。

私はリーンゲインズダイエットを取り入れるついでに朝は歩いて通勤するようにしていますので、

空腹+運動によってより効果が高まっているのではないかと思います。筋トレやジョギングなどの運動を取り入れるとより効果が出やすいと思います。

私は朝の通勤時に歩くこと以外は特に運動はしていなかったのですが、最近はオリンピックを観ながら鍛え上げられたアスリートに刺激をもらいつつ腹筋ローラーをだらだらやっています。笑

 

-健康・暮らし
-,